こんばんわ!あかめがね●-●です。
暖冬だといいますが、わたくしは寒がり故に今日もだるまのように着ぶくれしながら作業をしております。白い上着なので雪だるまのようになっております…

さてさてここ最近、【民泊】という単語が話題になっていますよね。改めて考えてみましょう。

民泊とはなんでしょうか?
民家に泊まることの総称を民泊といいます。例えば、友人の家に泊まりに行くことも民泊ですし、旅行先で知り合った人の家に泊めてもらうのも民泊です。民泊が「泊」なので、泊まる側が宿泊に民家を利用すること
民宿は「宿」なので、泊める側が宿泊用に用意する宿(民家とは限らない)です。営利目的である民宿は、民泊で使われる民家と違い、旅館業法の規制を受けます。

しかし、宿泊料を受け取る営業が常態化しておらず、たまたま民泊したい希望者が現れて、泊めた代わりに謝礼(宿泊料)を受け取ったとしても、それは営業に該当しないので、旅館業法の規制は受けません。

このように、民泊と民宿は、営業行為であるかどうかが1つの線引きです。
広く民宿と認知されない普通の民家でも、宿泊料を受け取る目的で、常に部屋と寝具を用意していれば、それは立派な民宿で旅館業経営です。

さて。ワンフリーのお試し賃貸は民泊ではありません。
海外の方がステイするビジネスなども現在よく目にしますが、お試し賃貸は、国内の方が本気で移住・引っ越しを考えた時に役に立つシステムです。

「ここに住みたいな、でもこのお部屋、この場所で本当に大丈夫かな?」

と考えた時に1日~7日間の入居を体験し本契約を結ぶというものなんです。
民泊は旅行目的であり、それに加えて身元を保証するものではない場合があるなど手軽さゆえに少々危険な面もございます。これは、泊める側も泊まる側にも言えることだと思います。
それに比べますと、お試し賃貸は通常の賃貸契約と短期にしたものを結びます。手続きを経ての短期入居なのです。

全国各県(限定数)

3ヶ月無料掲載企画!

無料掲載企画についてよくある質問

MAIL [email protected]までお気軽にご連絡頂けますと幸いです。
Twitter @onefreehouse こちらへもご質問などお気軽にどうぞ!
あかめがねのつぶやきと、更新情報、掲載者の方をフォロー&リツイートしています。

お電話での対応が可能な場合、お電話番号、希望の時間帯等を記載していただけますと幸いです。