こんばんは、あかめがね●-●です。本日は冬至(とうじ)ですよ!

冬至は「一陽来復(いちようらいふく)」の日

6eef77067d05613fcec9a26434b4e2da_s

中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくると考えます。そこで、冬至のことを陰が極まり再び陽にかえ る日という意の「一陽来復(いちようらいふく)」といい、この日を境に運も上昇するとされています。また、悪いことが続いても、回復してよい方向に向かう という意味もあります。
古代には冬至を1年のはじまりとしていた時代もあり、冬至に未来への希望をつないだのでしょう。
私にとっては南瓜を食べる日です。それにしてもなぜかぼちゃを?…改めて考えると不思議ですよね。そこで皆さまを代表して、調べさせていただきました。

運盛りという風習
冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん……など「ん」のつくものを運盛り といい、縁起をかついでいたのです。運盛りは縁起かつぎだけでなく、栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもあり、土用の丑の日に「う」のつくものを食べて夏を乗りきるのに似ています。
また、「いろはにほへと」が「ん」で終わることから、「ん」には一陽来復の願いが込められているのです。
「南瓜(なんきん)」だから「ん」のつく運盛り!

かぼちゃを漢字で書くと南瓜(なんきん)。つまり、運盛りのひとつであり、陰(北)から陽(南)へ向かうことを意味しています。本来かぼちゃの旬は夏ですが、長期保存が効くことから、冬に栄養をとるための賢人の知恵でもあるそうです。

 

そして冬至といったらもうひとつ。柚子湯ですよね。
柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」。こうした語呂合せから柚子湯に入ると思われていますが、もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)だと考えられています。柚子湯のやり方は様々ありますが、私の記憶では我が家はまるごとドボンと浮いてました。いい香りにつられて齧ると苦いのが罠です。ふやけてきたのをむいてみたりして遊んでいた覚えがあります。
柚子湯のやり方に決まりはないようです。とにかく香りが出ることが一番楽しめる方法ですよね。切って入れてもよし、皮だけ入れても良し、絞って果汁だけ入れても良し。

「ゆず湯に入れば風邪を引かない」と言われているそうです。

大事な年末年始に向けて風邪など召しませんように、皆様かぼちゃと柚子湯で乗り切りましょう!

 

 

 

LINEアカウント http://line.me/ti/p/@xaf6414c
MAIL [email protected]
Twitter @onefreehouse
だいたいあかめがねが対応します。お気軽にお問い合わせください!