こんばんわ、あかめがね●-●です。

冬のさなかではありますが、怖い話をします。

さてブログを書こうと思い、何を書こうかなと思いましていつもの習慣でGoogle先生で検索をしたんです。

「今日は何の日?」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

イブ

本当なんで私わざわざ検索したんでしょうね。そういえばクリスマスでした。何でピンと来なかったのかなどという理由は聞かないでください。ブログを更新している時点でお察しですね?誠にありがとうございます。今日はケーキがたくさん売れる日ですね。私は毎年、クリスマスが終わった後に売れ残ったケーキ達がセールで売られるのを心待ちにしているタイプの人種です。美味しゅうございます。

さてクリスマスというと私が小学生の時に買った絵本の事を、この時期になるといつも思い出します。

ペンギンハウスのメリークリスマス

小さな港町の小さなレストランの物語。
年末のある夜、レストランを訪れた白いひげのおじいさん。夕ごはんのお礼にと、おじいさんが残していったのは、ペンギンの置物……?

 

たいそう可愛らしいお話です。小さいレストランが舞台ということでやっぱり食べ物も出てきます。ノスタルジックな魅力もたっぷりです。いつか大好きな絵本をすべて買い揃えたいなと思っている次第です。

クリスマスといえばプレゼントですよね。

子ども達にはもちろんのこと、大人になった今こそ、「大切なこと」が飾らず描かれている素敵な絵本をプレゼントなんていかがでしょうか。挿絵が素敵でおしゃれな物や豪華な装丁のもの、最近の飛び出す絵本なんて特に凄いんです。クリスマスにもおすすめなのはこちら。

このお話は、クレメント・ムーアの詩がもとになっています。サンタクロースの姿のイメージを決定づけたと言われていて、昔から世界中で愛されつづけています。

妖精達が家をつくる五つの特別な場所が、絵と写真を組み合わせた独特の表現で描かれています。よ~く見てみると、妖精が潜んでいます。

ホフマン原作「くるみわりとネズミの王さま」をもとにして、デイビッド・ワルサーが語った魅惑的なおとぎ話と、ピエンコフスキーのロマンティックなイラストとしかけ絵が結びついた一冊。

 

今ごろ電気屋さんのレジにたくさんのサンタさんが並んでいるんだろうなと思うと心がほっこりします。

それでは皆様、良き日をお過ごしください。

LINEアカウント http://line.me/ti/p/@xaf6414c
MAIL [email protected]
Twitter @onefreehouse
だいたいあかめがねが対応します。お気軽にお問い合わせください![/fusion_builder_column][/fusion_builder_row][/fusion_builder_container]