寒かったですね

こんばんわ、あかめがね●-●です。

今日は寒かったですね!今日から小寒で寒の入りだそうです。本格的な寒さが始まるとか…
えっ、これ以上寒くなるの?!
既に十分寒いので恐ろしいですね。炬燵から出る事は出来なさそうです。

なので暖まる方法というものを調べてみました。

いますぐ身体を温かくする:その場で運動

筋肉を動かせば必ず発熱します。また、足の筋肉の伸縮は血液を心臓に押し戻すのを助けます。ここでは、さらに心臓の位置を低くしてあげることでも血液循環がよくなります。

座った姿勢で、まず、
かかとを20回上げてください。
② 次に、つま先を20回あげてください。
③ 立ち上がり、なるべく深いおじぎを20回します。

いますぐ身体を温かくする:ショウガのドリンク

ショウガはその場ですり下ろした方が良いです。コップ一杯に大さじ約半分と、できればミネラルたっぷりの黒砂糖。 紅茶、ミルク、ココアなどをベースにして、甘さはお好みで加減しましょう、ショウガに慣れてくると結構スゴイ濃さになったりします。

強い冷えという方には、「梅生番茶・うめしょうばんちゃ」がオススメです。すり下ろしたショウガを約大さじ半分、中サイズの梅干1個、お醤油少々を湯飲みに入れて、熱い番茶を注ぎます。
口臭予防の効果もあります。
冷蔵庫でドライなショウガを見つけたら、お風呂や足湯で「しょうが湯」にしましょう。
ショウガの品種はガラクトンが多い「金時」、ショウガオールを参照

いますぐ身体を温かくする:市販の「貼るカイロ」

ポイントは「ツボ」に貼ることです。

下半身の冷えをとりたいときは、

ウエストの下のおしりの間、仙骨の上に貼ります。全身の血流の要となる「八りょう穴」というツボがあり、腰痛や生理痛にも効果があるのです。

上半身を温めるときは、

首の付け根の背骨の少し出ているところに貼ります。ここには「大椎」というツボがあります。

ツボは原因によって変わるもの、本来は健康状態を見て「ツボ」を決めるものですが、まずは、簡単にできることをやってみましょう。

———————————————————————————

私はお風呂をシャワーで済ませる時は、必ず首の後ろにシャワーをあてるようにしています。

後頭動脈が温まると新陳代謝が活発になって、風邪っぽい症状も緩和されてスッキリするそうです。オススメです。

寒の入りでますます寒さも増して行きますが暖かくして過ごしましょう!

本州各県(限定数)

3ヶ月無料掲載企画!

こちら↓で詳しい説明をさせていただいておりますので、ぜひご覧いただきたいです!
「お試し教室」

お顔を合わせてではなく、電話やメール、FAXでのやり取りになってしまいますので、掲載者様のご不安を取り除くことがなかなかうまく行かず、申し訳ありません。ぜひご不明な点やご要望など御座いましたらお気軽にお問い合わせください。
また、弊社からの案内がない場合におきましても、こちらの記事をご覧の企業様や講師の皆様の中で「うちも載せていいですよ」という方々へ申し込み用紙、ご案内の書類などお送りさせていただきますので
MAIL [email protected]までお気軽にご連絡頂けますと幸いです。
Twitter @onefreehouse こちらへもご質問などお気軽にどうぞ!
あかめがねのつぶやきと、更新情報、掲載者の方をフォロー&リツイートしています。

お電話での対応が可能な場合、お電話番号、希望の時間帯等を記載していただけますと幸いです。

2016-01-05T22:17:19+00:002016年 1月 5日|

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.

This Is A Custom Widget

This Sliding Bar can be switched on or off in theme options, and can take any widget you throw at it or even fill it with your custom HTML Code. Its perfect for grabbing the attention of your viewers. Choose between 1, 2, 3 or 4 columns, set the background color, widget divider color, activate transparency, a top border or fully disable it on desktop and mobile.