こんばんは、あかめがね○-○です。

今日はズバリ七草粥の日ですね。セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ…と、幼稚園の頃に暗記をした記憶があります。

1280px-Nanakusa_gayu_on_Nanakusa_no_sekku

1月6日の夜、あらかじめ用意した「七草」をまな板の上に載せ、「七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン」と歌いながらしゃもじやお玉杓子、包丁の背などで叩いて細かくし、明けて7日の朝に粥を炊き、叩いた七草と塩を入れて七草粥にして、そして朝食として食べる…という行事です。私は歌ったことはありません。

七草粥に使われている春の七草は、早春の頃、一番に芽吹くのです。そのため、七草粥は邪気を払うと言われていたのです。正月に飲み食いして疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補う意味もあります。

調べてみてびっくり。

七草粥は七草すべてが使用されるわけではなく、地方によっても食材が異なる場合があるそうです。

気候や降雪の関係で七草が摘めない東北地方では、七草を使わない粥を炊く。
山形県の村山市周辺ではゴボウ、ニンジン、こんにゃく、ずいき、油揚げなどを入れた納豆汁、七草汁を1月7日の朝食として食べる。
最上川流域では1月7日に新米の握り飯を12個作り、箕の上に乗せて柳の箸を刺して「おみ玉」として飾る。その後で握り飯を崩して煮込み、野菜、昆布、干し柿、栗を入れたものを「七草粥」と呼ぶ。
また、青森県や秋田県では1月7日に行事を行う地域は少数である。そのかわり、1月16日の小正月には、けの汁という根菜を大量に炊き込んだ精進料理を味わって祝う。気候的に七草が入手できる地帯でも七草ではなく、ありあわせの青菜、さらに根菜や油揚げなど大豆製品をも含めて「7種」取りそろえる場合や、九州南部のように鶏肉を加える地方もある。調理法も白粥のみではなく、鰹節で出汁を取り醤油や味噌で味付けして「雑炊」にする地方や、四国の瀬戸内海沿岸のように「和え物」「お浸し」で七草を食べる地方、九州北部のように汁物に加工するなど、全国でバリエーションは豊富である。

 

福岡県久留米市は「セリ、カツオ菜などを入れた味噌汁。鰤の切り身を入れる場合もあり、7日は「ほんげんきょう」といい、正月飾りや書初めを焼き、その火で鏡餅を焼いて食う。」とありました。あかめがね家では、普通の七草粥を食べてます。鰤も入りません。カツオ菜はよく使いますが、必ず入っているイメージがあるのはお雑煮の時です。

最近は七草粥を食べるようなお家も減ってきたのではないでしょうか?健康を願う行事ですので大切にして行きたいですね!

LINEアカウント http://line.me/ti/p/@xaf6414c
MAIL [email protected]
Twitter @onefreehouse
だいたいあかめがねが対応します。お気軽にお問い合わせください!