こんばんは!あかめがねです。

ニュースでも大盛り上がりですが、今日は成人の日でしたね!

成人の日は、1948年に「1月15日は、おとなになったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます日」と法律で定められました。現在は、2000年に制定されたハッピーマンデー法に基づき1月の第2月曜日に改正されています。

d500054e7272f15d7e7673de9d826c43_s

成人式の存在意義

成人の日は、新成人達が両親や周りの大人達に保護されてきた子供時代を終え、自立し、大人の社会へ仲間入りすることを自覚するための儀式(成人式)を行う日です。
各地方自治体で成人の日に行われる成人式では、女性は振袖、男性はスーツや羽織り袴などの正装に身を包み、市長などから祝福の言葉を贈られます。
起源・歴史古来の儀式

成人を祝う風習は古来から存在していました。男子は、髪を結い冠または烏帽子をつけ、服装を改め成人したことを周囲に示しました。また、幼名から烏帽子名に改名する風習も盛んでした(元服・烏帽子〔えぼし〕式)。女子の場合は”裳”という腰から下にまとう衣服を身に付ける裳着〔もぎ〕、髪を結い上げる髪上〔かみあげ〕、歯を黒く染める鉄漿〔かね〕(お歯黒)付けを成人の儀礼としました。

行事成人の日に込められた想い
しかしおめでたい事とはいえ、何故成人の日を祝日にしたのでしょうか?

一説によると、戦後物資も食料も足りない時代で一番乏しいとされていたのは「人材」でした。良い「国家」を作っていくためには、国民自身が成長していかなくてはならないと考えた当時の役人たちは、「こどもから大人になった自覚を持ってほしい」と願ってこの日を祝日にしたそうです。このように成人の日に込められた先人の想いを知ることが、成人になる第一歩なのではないでしょうか。

————————————————————————-

ニュースでははじけた新成人も映し出され「最近の若者は!!」とプンプンしたくなる方も多いかと思います。

それにしてもあの袴や花魁衣装を見ますと、チームで揃えていたり小物を用意していたり、特注の物なども含まれているのを見ると「この日のために業者さんに打ち合わせしたり発注かけたりアルバイトしたり準備したんだな」と感じてそこに感心してしまいます。

迷惑をかけてしまう行動自体は全く褒められたものではありませんが、行動力や経済を回す行動は大人になる階段の一つのような気もします。

素敵な大人に仲間入りして行ってくれたらいいな、と思うと同時に彼等が目指したくなる大人の先輩としてしっかりしたいな、と毎年成人の日に痛感するあかめがねです。