こんばんは、あかめがね●-●です!

今日は特に冷え込んで寒かったですね…!こんなに寒いのに、やっぱり自然は偉大ですね。花と言えば暖かくないとみられないようなイメージですが…

長崎半島の先端にある野母崎地区の「水仙の里公園」で行われる、「のもざき水仙まつり」。野母崎の美しい海と軍艦島を望む小高い公園に、約1,000万本 の水仙が見事に咲き誇ります。環境省の「かおり100選」にも選ばれており、目で鼻で楽しめるイベントです。期間中には、来場者に水仙の花束などをプレゼ ント(本数に限りがあります)。また、野母崎地区の飲食店では、期間中に限定の野母崎海鮮メニューの提供も行われます。

image.php

長崎では「のもざきスイセン祭り」という催しが始まっているそうです。

一面に広がる美しい水仙の花!

展望台からは軍艦島も見る事が出来るそうです。

スイセンの花言葉も調べてみました。

スイセンの学名は、Narcissus(ナルシサス)。ギリシャ神話に登場する美少年ナルキッソスに由来するといわれています。復讐の女神ネメシスによ り、ナルキッソスは水鏡に映った自分の姿に恋をしてスイセンになってしまう。この伝説はナルシストの語源ともなり、花言葉もそれを表すものとなっていま す。花言葉は「自己愛」

かの有名なナルシスト、スイセンが関わっていたんですね!自分に恋をしてしまった程美しかったナルシスが変化した姿、スイセン。こんなに美しい景色なのも納得ですね。

ナルシスト、というと悪いイメージばかりになってしまいますが、ちょっと見方を変えると「自信がある」とも取れると思います。良い所はしっかりと自信を持って延ばせるとそれはとっても素晴らしい事ですよね。もちろん、悪い点である「うぬぼれ」はしっかり向き合わなければいけません。

でも、長所を延ばすためにちゃんと一生懸命になっていると、うぬぼれ・足りない部分に気付く事も出来ると思います。

ワンフリー掲載の習い事教室の先生方は皆さん「昨日の自分よりもっとより良い自分へ」、様々な志を持って真剣に取り組んでいらっしゃいます。素晴らしい先生方と出会って一歩前に進んでみましょう!

LINEアカウント http://line.me/ti/p/@xaf6414c
MAIL [email protected]
Twitter @onefreehouse
だいたいあかめがねが対応します。お気軽にお問い合わせください。