こんばんは、あかめがねです。

今日はタロとジロの日。

愛と希望と勇気の日です!

d32ab5e560deda468876e0112d93ba5e_s

1959(昭和34)年のこの日、南極に置き去りにされた南極観測隊の2匹のカラフト犬・タロとジロの生存が確認されました。

1956(昭和31)年の秋、南極観測船「宗谷」で11人の隊員が東京港を出発。15頭のカラフト犬も犬ぞり隊として参加した。1958(昭和 33)年、第2次越冬隊を送り込む為再び「宗谷」は南極に向かったが、厚い氷にはばまれて断念。11人の越冬隊員はヘリコプターで救出されたが、15頭の カラフト犬は救出することができず、鎖につないだまま氷原に置き去りにされた。翌1959(昭和34)年のこの日、ヘリコプターが2頭の生存を確認した。 南極から打電されたこのニュースは、世界を愛と希望と勇気の感動で包んだ。

ジロは南極で死亡したが、タロは5年後に日本に生還して北海道で余生を過ごした。

 

高倉健主演の南極物語は涙なしではみられない名作ですよね。

犬にまつわる逸話はとても多いですね。ハチ公も有名です。私は犬を飼っていた事があるのですがあの子には人とのふれあいでは癒せないような部分もたくさん助けてもらいました。犬も猫も大好きです!まっすぐに見つめてくるあの瞳をみると、この子を守らなきゃ・絶対に裏切れないな、と感じます。

人は古来から、動物と密に接して共に生き、進化して来ました。(人間も動物ですよね)

取材で、ドッグトレーナーの方と出会う事や、もちろんまさに「今、一緒に暮らしています」という方ともお会いしました。楽しそうに触れ合う姿は癒されます。

「人と人との繋がりを大切に」

それがワンフリーの信念でもありますが、そこには一緒に生きる、動物や植物、全てのものが関わり含まれていると思います。

働く時も、学ぶ時も、住む時も、何かと関わって、学んだり感じたり…ワンフリーのシステムがそのきっかけのひとつになれば良いなと思います。何かへチャレンジするための窓口としてぜひワンフリーをご利用ください。掲載されていらっしゃるどの企業・教室様も、皆様とっても素敵な方ばかりですのできっとお役に立てると思います!