こんばんわ、あかめがね●-●です。

今日も寒かったですね…!しかもニュースではインフルエンザが流行り出しますよとの警報まで発表されていましたね。手荒いうがいはしっかり行いましょう!

さて、今日は小正月です。1月は本当に何かとやる事が多いですね!

古くはこの小正月までが松の内だった(この日まで門松を飾った)ものが、江戸時代に徳川幕府の命により1月7日の大正月までとされたが、関東地方以外には広まらなかった。

この日の朝には小豆粥を食べる習慣があった。古くは『土佐日記』や『枕草子』などにも、小正月に小豆粥を食べたことが記されている。現在でも東北地方の農村などに、左義長の前に小豆粥を食べる習慣が残っている地域がある。これらの地域では、元日から小正月の期間中に小豆(あるいは、獣肉を含む赤い色をした食品全般)を食することが禁忌とされている場合が多い。

繭玉をつくって養蚕の予祝をおこなったり、「道具の年越し」とし農具のミニチュアをこしらえ豊作を祈願する習慣が残っている地域もある。

年神や祖霊を迎える行事の多い大正月に対し、小正月は豊作祈願などの農業に関連した行事や家庭的な行事が中心となる。本来は人日まで竈を休ませるはずの松の内に、忙しく働いた主婦をねぎらう意味で、女正月という地方もある。場所によっては男性が女性の代わりに料理などの家事を行う日とされる。

かつて元服の儀を小正月に行っていたということから、1月15日は成人の日という国民の祝日となった。しかし、その名前から小正月との関連がわかりづらく、かつ、高度経済成長期以降の都市化などの影響で小正月自体がなじみが薄いものとなったこともあり、2000年から成人の日は1月第2月曜日に変更されている。

小年(こどし)、二番正月若年女正月(おんなしょうがつ)、花正月

返り正月戻り正月と呼ぶ地方もあるそうです!

623fe79019769749cd487637d5c3ddac_s

花正月って呼び方可愛いですね。この小正月をもってやっとお正月は終わりとなるそうです。それにしても、お正月って15日間も続くんですね…近代の日本で盛大に行うクリスマスという行事はやはりお祭り好きの日本人らしく「楽しそう!お祝いしよう!」で乗っかった感じがしますね。昔から存在するお正月のしきたりの多さや日数を見るとなるほどと思いました。

女性がほっと休めるのが小正月だそうです。

頑張りやの女性の皆さん、もう夜分ですが、今日くらいは方の力を抜いてしっかり暖かくして、インフルエンザに負けないように休息をとってくださいね!