こんばんは、あかめがね●-●です。

昨日はTwitterがバルス祭りになってましたね。もうタイムラインはバルスバルスのバルスだらけで…さて、「バルス」とは一体?と思う方もいらっしゃるかと思います。バルスとは滅びの呪文です。これだけ聞くととっても物騒な呪文ですね。これは「天空の城ラピュタ」に出てくる呪文なんです。

271845b801882924a5f59f5a2cfc2738_s

 

天空の城ラピュタ』(てんくうのしろラピュタ)は、スタジオジブリ制作の宮崎駿監督の長編アニメーション作品。1986年8月2日から東映洋画系の103館で公開された。同時上映作品は、テレビアニメ『名探偵ホームズ』で宮崎駿が監督した『ミセス・ハドソン人質事件』と『ドーバー海峡の大空中戦!』。

 

「親方!空から女の子が…!」

「40秒で支度しな!」

「見ろ!人がゴミのようだ」

などの台詞も有名で、ジブリが好きな方はこっそり会話に混ぜて来たりなどして楽しませてくださったりもします。そんな皆さんも思い入れが其々あるジブリ作品だったりもしますが、昨日の金曜ロードショーでは「天空の城ラピュタ」が放送され、TwitterなどのSNSでは一斉にバルスとツイートしサーバーが落ちる(落とす)のが毎年の習わしのようになっています。

昨日も話題として触れましたが、こうやってお祭りのようにわいわいとするのが性質なのかしらと沁み沁み思います。

一昔前、SNSが今のように広まる前まではアニメや漫画に触れた話題を口にすると「オタクだ〜」と奇異の目を向けられる事も少なくなかったのではないかと思います。インターネットで様々な情報を目にする事や投稿し参加する事のハードルが低くなった今、誰もが知ってる知識として受け入れられやすくなった事は、今まで関わる機会がなかった人と人同士の交流がしやすくなった良い点とも思えます。

知らなかった事に触れて、人との出会いがあって、見聞が広がるのは良い事ですね!ぜひワンフリーのお試しシステムも、色んな方との出会いにもお役立てください!