こんばんは、あかめがねです。

今日は

節分

でしたね。
恵方巻きはしっかり食べましたか?

節分だ〜豆まきだ〜恵方巻きだ〜、とイベントのようになってきていますが、ここで改めて節分の意味や由来、歴史について見つめ直してみましょう。

 

ab9a40c2af393d5ccba8cfa0ce1f741a_s

 

節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。この場合、節切月日の大晦日にあたる。本項目では、立春の前日の節分、およびその日に行われる伝統的な行事について述べる。大寒の最後の日であるため、寒さはこの日がピークである。

一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(炒り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。また、邪気除けの柊鰯などを飾る。これらは、地方や神社などによって異なってくる(後述)。

 

節分の豆まきは、「追儺(ついな)」という儀式が由来だそうです。

大晦日(12月30日 (旧暦))の宮中の年中行事で、平安時代の初期頃から行われている鬼払いの儀式のことで、「鬼やらい」(鬼遣らい、鬼儺などとも表記)、「儺(な)やらい」とも呼ばれていました。

平安時代というと芥川龍之介の羅生門や、夢枕獏の陰陽師などの鬼が出る小説も多く、「鬼」というものがとても密接だったことが感じられますね。

大事な日本古来からの厄払い、「鬼はそと、福はうち」で吉方から福を呼び込み一年をどんどん良いものにしていきましょう!

 

 

 

中国・四国、各県(限定数)

3ヶ月無料掲載企画

お顔を合わせてではなく、電話やメール、FAXでのやり取りになってしまいますので、掲載者様のご不安を取り除くことがなかなかうまく行かず、申し訳ありません。ぜひご不明な点やご要望など御座いましたらお気軽にお問い合わせください。
また、弊社からの案内がない場合におきましても、こちらの記事をご覧の企業様や講師の皆様の中で「うちも載せていいですよ」という方々へ申し込み用紙、ご案内の書類などお送りさせていただきますので
MAIL [email protected]までお気軽にご連絡頂けますと幸いです。
Twitter @onefreehouse こちらへもご質問などお気軽にどうぞ!
あかめがねのつぶやきと、更新情報、掲載者の方をフォロー&リツイートしています。

お電話での対応が可能な場合、お電話番号、希望の時間帯等を記載していただけますと幸いです。