こんばんわ、あかめがねです!

 

昨日は暖かかったですね〜!なのに今日は雪が舞い戻って来て来ていましたね…そんな中で本日はこんな話題です。

 

4489091d213ffa5ff01db9c8da1ebb6a_s

 

春一番名づけの日
初めて「春一番」という言葉が使われるようになったことを記念する日。暖かい南からの強風が、春を呼ぶかのように吹くもので、気象庁が毎年発表する。九州 北部の春一番は、中国大陸から日本海方面へ移動する発達中の低気圧に、南方の高気圧が勢いよく流れ込み起きるが、そもそもの起こりは、1859年(安政6 年)、長崎県五島沖に出漁した壱岐の漁船が強い風に煽られ、転覆し、漁師53人全員が亡くなったことで、漁師たちがこの季節に吹く突風を恐れて「春一番」 と呼ぶようになったとされる。「春一番」とは、地方によって定義が違うが、概ね・・・1)立春から春分の日までに吹く 2)風速が8メートル以上の南寄りの強い風 3)最高気温が前日を上回る。などの条件を満たした場合に発表される。九州北部の平年日は、2月23日ごろ。

 

春一番の日!!

そのまんまの気候でしたね。春一番が吹いた日は気温が上昇し、翌日は西高東低の冬型の気圧配置となり、寒さが戻ることが多いそうです。過去の春一番の発生を見てみましょう!

 

2009年 – 2月13日
2010年 – 2月25日
2011年 – 2月25日
2012年 – 発生せず
2013年 – 3月1日
2014年 – 3月18日
2015年 – 発生せず
2016年 – 2月14日

 

やっぱり今年の春一番は昨日だったんですね。とっても分かり易い春一番でしたね!

少しづつ春に近づいてる証拠ですね。

寒さはまだ続くようですが、春を楽しみに暖かくして過ごしましょう!