こんばんは、あかめがねです。

今日は天候が久しぶりに大荒れでしたね。
福岡でも雨がたくさん降ってしとしとではなくザーザーと音が鳴っていました。

関東・東海で1カ月分の雨が一度に降る可能性もあるとか…

さすが季節の変わり目、天候が不安定ですね。

さて「春の嵐」といいますと私はヘルマン・ヘッセの小説を思い出します。

 

春の嵐

少年時代の淡い恋が、そりの事故を機に過ぎ去り、身体障害者となったクーンは音楽を志した。魂の叫びを綴った彼の歌曲は、オペラの名歌手ムオトの眼にとま り、二人の間に不思議な友情が生れる。

やがて彼らの前に出現した永遠の女性ゲルトルートをムオトに奪われるが、彼は静かに諦観する境地に達する…。精神的 な世界を志向する詩人が、幸福の意義を求めて描いた孤独者の悲歌。

 

ヘルマン・ヘッセといえば「車輪の下」が有名ですね。
「それなら聞いた事ある」という方も多いのではないでしょうか。

 

南ドイツの風物のなかで、穏やかな人間の生き方を画いた作品が多い。また、ヘッセは、風景や蝶々などの水彩画もよくしたため、自身の絵を添えた詩文集も刊行している。そして、1946年、彼は、『ガラス玉演戯』などの作品が評価され、ノーベル文学賞を受賞した。

 

index

 

雨の日は外に出るのが億劫になってしまいがちですね。

そんな時は雨音を素敵なBGMとして捉えてみましょう。名著を手に取って、文学に触れるのもオススメです!

 

 

 

 
中国・四国、各県(限定数)

3ヶ月無料掲載企画

お顔を合わせてではなく、電話やメール、FAXでのやり取りになってしまいますので、掲載者様のご不安を取り除くことがなかなかうまく行かず、申し訳ありません。ぜひご不明な点やご要望など御座いましたらお気軽にお問い合わせください。
また、弊社からの案内がない場合におきましても、こちらの記事をご覧の企業様や講師の皆様の中で「うちも載せていいですよ」という方々へ申し込み用紙、ご案内の書類などお送りさせていただきますので
MAIL [email protected]までお気軽にご連絡頂けますと幸いです。
Twitter @onefreehouse こちらへもご質問などお気軽にどうぞ!
あかめがねのつぶやきと、更新情報、掲載者の方をフォロー&リツイートしています。

お電話での対応が可能な場合、お電話番号、希望の時間帯等を記載していただけますと幸いです。