こんばんは、あかめがねです!

今日はそう!タイトルの歌い出しでお気づきでしょうか?

3c2f3b702744db19005cb174cb069812_s

 

1855年(安政2年)2月28日付の書簡にビスケットの製法が書かれていたことを記念し、全国ビスケット協会が1980年(昭和55年)に制定。ビス ケットの誕生は”保存のきく食糧”という点に水戸藩が注目したことに始まる。パンの製法を学ぶために長崎に留学していた水戸藩士の蘭医・柴田方庵はオラン ダ人に学んだビスケットの作り方を手紙にし、1855年(安政2年)2月28日に水戸藩に宛てて送った。その史実は「方庵日録」として今でも残っている。 「方庵日録」は日本でビスケットが作られたことを明確に記した最も古い記録とされている。また、ビスケットの語源はラテン語で「2度焼かれたもの」の意 味。「に(2)度、焼(8)く」の語呂合わせと柴田方庵の史実とで、2月28日を「ビスケットの日」とした。

 

今日はビスケットの日です!

小さい頃によく歌いました。「ポケットの中にはビスケットがひとつ♪」幼稚園の頃は、この歌を信じてポケットを叩いた事が何度もあります。

砕けたビスケットを見て、「2枚に増えた…」と現実を知るのです。

 

日本には、南蛮菓子の「ビスカウト」として平戸に伝えられた。黒船来航の際には日本人にふるまわれ、好評を得ていた。
日本ではじめてビスケットに関する記述が登場するのは、幕末に長崎で開業していた医師である柴田方庵の日記であり、水戸藩からの依頼を受けビスケットの製法をオランダ人から学び、1855年にその製法書を送ったことが書かれている。

 

ペリー来航時にビスケットが日本に広まったんですね。

ところで、ビスケットとクッキーとサブレ、違いはご存知でしょうか?一見似ているようで似ていない、でも「平たくて、焼いていて、サクサクしていて、甘いお菓子」という共通点。

判断基準が日本ではしっかりと決まっているそうです!

 

日本では、「クッキー」は、糖分と脂肪分が全体の40%以上
「ビスケット」は40%未満
「サブレ」はさっくりとした食感のもの

 

これで、誰かに聞かれてもしっかり答えられますね!

 

 

 

中国・四国、各県(限定数)

3ヶ月無料掲載企画

お顔を合わせてではなく、電話やメール、FAXでのやり取りになってしまいますので、掲載者様のご不安を取り除くことがなかなかうまく行かず、申し訳ありません。ぜひご不明な点やご要望など御座いましたらお気軽にお問い合わせください。
また、弊社からの案内がない場合におきましても、こちらの記事をご覧の企業様や講師の皆様の中で「うちも載せていいですよ」という方々へ申し込み用紙、ご案内の書類などお送りさせていただきますので
MAIL [email protected]までお気軽にご連絡頂けますと幸いです。
Twitter @onefreehouse こちらへもご質問などお気軽にどうぞ!
あかめがねのつぶやきと、更新情報、掲載者の方をフォロー&リツイートしています。

お電話での対応が可能な場合、お電話番号、希望の時間帯等を記載していただけますと幸いです。