こんにちは、あずきです。

今日は日中汗ばむくらいの暑さでしたね(^^;)

商店街のアーケードや至る所で元気に泳ぐ

こいのぼりを見かけるようになりました♪

koinobori1

さてさて、もうすぐ端午の節句ですが、

皆さん由来をご存知でしたか?

5月5日は、端午の節句。奈良時代から続く行事で、端午は、五月の初めての「午(うま)」を意味する。
5月5日を端午の節句とするようになったのは、奇数が重なり、目出度いとする考えからいつの間にか定着したものだ。
さて、五月人形を飾りつけるのは、概ね春分の日を過ぎてから4月の中旬頃迄と言われている。

ところで、五月人形には、「内飾り」と「外飾り」とがあります。

「内飾り」は鎧や兜

kabuto

「外飾り」は鯉のぼりや武者絵のぼりを言います。

端午の節句に欠かせないものと言えば他にも「菖蒲」がありますが、

なぜ菖蒲を飾るのか?と言うと、

菖蒲の実の香りが非常に強く、

この強い香りは邪気を払う力があると信じられていたことにあるそうです。

joubu

もうすぐ端午の節句、つまりGWがやってきます!

待ち遠しいですね(^^♪

 

関西地方、

各県(限定数)

3ヶ月無料掲載企画

お顔を合わせてではなく、電話やメール、FAXでのやり取りになってしまいますので、掲載者様のご不安を取り除くことがなかなかうまく行かず、申し訳ありません。ぜひご不明な点やご要望など御座いましたらお気軽にお問い合わせください。
また、弊社からの案内がない場合におきましても、こちらの記事をご覧の企業様や講師の皆様の中で「うちも載せていいですよ」という方々へ申し込み用紙、ご案内の書類などお送りさせていただきますので
MAIL info@onefreehouse.comまでお気軽にご連絡頂けますと幸いです。
Twitter @onefreehouse こちらへもご質問などお気軽にどうぞ!

お電話での対応が可能な場合、お電話番号、希望の時間帯等を記載していただけますと幸いです。