こんにちは、あずきです!

もうすぐ母の日ですね。

皆さん、もう準備されていますか?

私も何か考えなくてはと思っているところなんです。

何でも良いのならカーネーションで済ましたいなと思ってるんですが・・・

ka-ne-shonn3

母の日にカーネーションを送るなんて風習を考えたのはいったい誰?

母の日の起源はある少女の行動がきっかけ

現代のような母の日ができたきっかけは、

20世紀の初めごろにさかのぼります。
アメリカに住 むアンナ・ジャービスという少女が
自分を苦労して育ててくれた亡き母に
追悼の意味をこめて白いカーネーションを
祭壇に飾ったのが始まりとされていま す。
やがてキリスト教徒を中心に母親に
カーネーションを贈る習慣になり全米へと広がりました。
そして1914年ウィルソン大統領の時代に
5月の第2 日曜日を国民の祝日と定めたのです。

元々はアメリカの風習だったんですね。

今の日本で流行っている季節のイベントは、

アメリカから入ってきたものがとても多いですよね。

日本人はアメリカに憧れを持ち過ぎだと思うのは私だけ?

ka-ne-shonn2

ちなみに、カーネーションの花言葉は、

「女性の愛」、「清らかな慕情」です(*^-^*)

 

よくある質問
お電話で3ヶ月無料掲載企画についてよく伺うご質問がありますので、こちらでも記載させていただきますね。
※当社は法律にのっとり一切追加請求や、自動継続、追加金の発生などは御座いません。

Q「三ヶ月のあと有料になるんじゃないの?」
A「三か月目以降も掲載を継続していただけます場合は有料となります。その際に改めて、新しく契約をさせて頂きます。」
Q「勝手に継続されたり、急に請求書が来たりするの?」
A「お送りしております契約書は三ヶ月の契約書になっておりますので、弊社の判断での勝手な継続も請求も致しません。ご安心ください。」
Q「無料なのに契約書が必要なんですか?なんだか怖いです。」
A 「契約書というものをお顔を合わせずに取り交わすのはご不安もおありかと思います。この契約書は掲載者様の個人情報や掲載内容をしっかりと弊社において管理を致しますという目的のために作成されております。どうぞお気軽にご不明な点についてなどお問い合わせください。電話にてご説明させていただきます。」

お顔を合わせてではなく、電話やメール、FAXでのやり取りになってしまいますので、掲載者様のご不安を取り除くことがなかなかうまく行かず、申し訳ありません。ぜひご不明な点やご要望など御座いましたらお気軽にお問い合わせください。
MAIL info@onefreehouse.com
Twitter @onefreehouse こちらへもご質問などお気軽にどうぞ!

お電話での対応が可能な場合、お電話番号、希望の時間帯等を記載していただけますと幸いです。