こんにちは、あずきです。

そろそろ夏祭りの時期ですね

夏祭りといえば、金魚すくい(^^)/

子供の頃は、金魚すくいを楽しみにしていました♪

下手でしたけどね。。。(^^;)

金魚すくい3

そこで、金魚すくいのコツをググってみました。

①まずは道具。和紙を貼った紙を「ポイ」と呼ぶ。
②次に方法、ポイは初めに水に入れ全部濡らす。(部分的に濡らすとその部分が破れる)
③ポイを水に入れる際は、斜めから入れ、水の抵抗を少なくする。
④水の中では平行移動し、金魚は頭から迎えに行く。この際、金魚の尾っぽは乗せないようにする。
⑤あとは、斜めにポイを引き上げ、ボールの中に金魚を運ぼう。

金魚すくい1

ちなみに、すくった金魚を育てるコツというものご紹介!

①酸素(金魚1匹に対しバケツ一杯分の水の酸素)
②エサ(ほどほどの量で。しかし午前中は必ずやる)
③水草を入れる。この3つを守れば20年くらいは生きる。

金魚愛好家も多いが、値段は安いもので300円から500円、高いもので30万円から50万円の金魚もいるとか・・・・。

暑い夏には金魚鉢を眺めるだけでも癒されますよ~

金魚すくい2

皆さん、1回で何匹とれるかお試しあれ(^_-)-☆

 

東海地方、

各県(限定数)

3ヶ月無料掲載企画

現在、東海地方、特に三重県の方々へアプローチさせていただいております。
直接お話しに行くことが難しいかもしれません・・・その分、このブログでご説明ができたらと思っております。

お顔を合わせてではなく、電話やメール、FAXでのやり取りになってしまいますので、掲載者様のご不安を取り除くことがなかなかうまく行かず申し訳ありません。ぜひご不明な点やご要望など御座いましたらお気軽にお問い合わせください。
また、弊社からの案内がない場合におきましても、こちらの記事をご覧の企業様や講師の皆様の中で「うちも載せていいですよ」という方々へ申し込み用紙、ご案内の書類などお送りさせていただきますので
MAIL [email protected]までお気軽にご連絡頂けますと幸いです。
Twitter @onefreehouse こちらへもご質問などお気軽にどうぞ!

お電話での対応が可能な場合、お電話番号、希望の時間帯等を記載していただけますと幸いです。