こんにちは、あずきです。

8月10日は『焼(8)鳥(10)の日』。

焼き鳥といえば、久留米!

焼き鳥

2003年(平成15年)1月、福岡県久留米市でも”日本一の焼き鳥の街”を提唱しました。

2005年に広域合併するまでは、久留米市は人口1万人当たりの焼鳥屋さんの件数が全国の主要都市のなかで最も多かったそうです。

焼き鳥2

豚バラ、ダルム、センポコなど、鶏肉以外のメニューが多く独特の”焼き鳥文化“があるのも久留米市の特徴です。

特にダルムは、当時の医学生たち(久留米は医者や医学生が多いまちです)が、その部位をドイツ語で表現し「腸」を「ダルム(darm)」と呼んだことが語源になっています。また、同じく心臓を「ヘルツ」と呼びます。

現在の老舗焼きとり屋さんの多くが屋台出身であり、久留米の焼きとりは庶民的な食文化の代名詞のような存在です。

現在市内には200軒以上の焼きとり店が営業しており、人口当たりの店舗数は日本一級!

焼き鳥1

久留米に来られた際には、ぜひぜひ美味しい焼き鳥をご堪能くださいませ(^^)/

 

東海地方、

各県(限定数)

3ヶ月無料掲載企画

現在、東海地方、特に岐阜県の方々へアプローチさせていただいております。
直接お話しに行くことが難しいかもしれません・・・その分、このブログでご説明ができたらと思っております。

お顔を合わせてではなく、電話やメール、FAXでのやり取りになってしまいますので、掲載者様のご不安を取り除くことがなかなかうまく行かず申し訳ありません。ぜひご不明な点やご要望など御座いましたらお気軽にお問い合わせください。
また、弊社からの案内がない場合におきましても、こちらの記事をご覧の企業様や講師の皆様の中で「うちも載せていいですよ」という方々へ申し込み用紙、ご案内の書類などお送りさせていただきますので
MAIL [email protected]までお気軽にご連絡頂けますと幸いです。
Twitter @onefreehouse こちらへもご質問などお気軽にどうぞ!

お電話での対応が可能な場合、お電話番号、希望の時間帯等を記載していただけますと幸いです。