こんにちは、あずきです!

むし暑いこの時期、夜になっても気温が高くなかなか眠れないもの。でも、睡眠時のちょっとしたことを改善するだけで眠りの改善に役立つことがあります。

37d31183

人が眠りにつくためには体の深部体温を下げる必要があります。

体の放熱をするポイントの一つに、クーラーの使い方があります。クーラーは寝る直前に入れがちですが、実は布団に入る1時間前からつけておくことがポイントになります。

部屋やベッド、布団などには日中の熱が蓄積しています。部屋全体や寝具の放熱を事前にしておくことで眠るときに深部体温をスムーズに下げることができます。

エアコン

就寝時の理想室温は28℃です。エアコンの使い方は、室温を冷やす冷房ではなく「除湿モード朝までつけっぱなし」にします。からだの深部体温は眠るときに下がり、目覚める時間に近づくにつれて上がっていきます。エアコンをつけっぱなしにすることにより室温が一定に保たれて体温リズムが整うので深い睡眠が得られます。

エアコンの使い方でよくないのは、タイマーなどで消してしまうことです。エアコンが睡眠中に切れると室温が上がり、深部体温が上昇するため睡眠のリズムが崩れます。目が覚めると暑いのでエアコンを入れてしまうと思います。夜中起きたときにエアコンを入れるのはNG。起きる時間に向かって深部体温を上昇させている途中で体を冷えさせてしまうことになります。すると体温リズムが崩れてすっきりと起きられなくなる原因になります。

ぐっすり

いかがでしょうか、夏の睡眠対策としてぜひお試し下さい(^^)/

東海地方、

各県(限定数)

3ヶ月無料掲載企画

現在、東海地方、特に岐阜県の方々へアプローチさせていただいております。
直接お話しに行くことが難しいかもしれません・・・その分、このブログでご説明ができたらと思っております。

お顔を合わせてではなく、電話やメール、FAXでのやり取りになってしまいますので、掲載者様のご不安を取り除くことがなかなかうまく行かず申し訳ありません。ぜひご不明な点やご要望など御座いましたらお気軽にお問い合わせください。
また、弊社からの案内がない場合におきましても、こちらの記事をご覧の企業様や講師の皆様の中で「うちも載せていいですよ」という方々へ申し込み用紙、ご案内の書類などお送りさせていただきますので
MAIL [email protected]までお気軽にご連絡頂けますと幸いです。
Twitter @onefreehouse こちらへもご質問などお気軽にどうぞ!

お電話での対応が可能な場合、お電話番号、希望の時間帯等を記載していただけますと幸いです。